FC2ブログ

== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 世界の面白い事例 ==

浮気の確率は、遺伝子で判定できる?!

仕事でビッグデータ関連を調べた時に見つけた小ネタをメモ。
●浮気の確率は、遺伝子で判定できる?!
  ・遺伝子クラスターの中で共通する遺伝子が多い異性カップルは、女性が浮気する確率が多いことが分かった。
   本能的に近親相姦を避けているのだとか。


●購買意向は、業種ごとに時間帯で違う!
  ・サイト内でのコンバージョン・レート(サイトを見ている人の内、購買した人の割合)が高い時間帯は、業種で違う
  ・旅行は、AM10時
  ・金融は、PM1時
  ・小売は、PM8時
  ・出会い系は、深夜
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 08:08:50 ━ Page top ━…‥・

== 世界の面白い事例 ==

こんな簡単なタイヤチェーンがあったんだ?!

車を買い替えたので、タイヤのサイズに合わせてチェーンを探してみた。
最近は布製の簡単に被せるタイプのものが多い様子。

http://www.clg-sv.com/tirechain.htm?vm=r&s=1

あくまで緊急用で、高速道路のチェーン規制時にOKされるかは、現場の係員の判断、とのこと。
ただ、北欧やドイツ等の規格はとおっており、YouTubeなどを見てると、実際の走行試験で問題なく走れている。

以下の三種類を比較検討してみた(あくまでネット上で)
(A)オートソック
(B)バイスソック
(C)スノーカバー(Newing)

(C)はタイヤのゴム部分のみのカバーで、アルミホイール等をこすらず傷めにくいことを売りにしているようだが、ハンドルを大きく回すと、するっと抜けてしまうという評判が書いてあったので却下。
迷ったのが、(A)と(B)。
(B)の方が布部分が黒くてかっこいいし、耐久性はありそう。
一方、(A)は850gと(B)の1.3kgより、だいぶ軽く、日本車メーカーが皆、純正採用しているとのこと。
まあ、雪国でなく、東京に住んでいて年に1-2回しか使う機会がないから、結局(A)にした。

┃ テーマ:マーケティング ━ ジャンル:ビジネス

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:39:13 ━ Page top ━…‥・

== コンサルタントの読書部屋 ==

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメントHow Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
(2014/10/09)
エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ 他

商品詳細を見る
Googleのユニークな企業運営方法とサービス等について書いた本。
コンサルの視点からすると、経営のユニーク性は、もっと深掘りしてほしかったが。
まあ、後半のサービス面も含めて両方網羅して一般読者向けにしようとすると、仕方ないかな。

┃ テーマ:読んだ本。 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:21:02 ━ Page top ━…‥・

== コンサルタントの読書部屋 ==

夢を売る男

夢を売る男夢を売る男
(2013/02/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る
自分の本を出したいシロートに、あの手この手で金を出させる出版社の話。
プライドだけ高いフリーターや、主婦など、相手の虚栄心などを読み取って、その気にさせ、200万円以上も出させてしまう辣腕の編集長。
さすがに、百田さんが書くと思い白くて、一気に読めてしまう。

作家でありながら、本の衰退を冷静に鋭く捉え、旧泰然とした体質に痛快に批判してもいる。
出版事業の客は誰か?と言われれば、従来は本を買って読む人。書く人から金を取ることを考えたビジネスモデルも面白い。
本のビジネスモデルと言えば、見込み印刷・返品の無駄を排したリーダーズダイジェスト(予約制のベストセラー配本)が昔あった。好みが多様化して衰退したと言われるが、出版が行き詰っている現在、新たなビジネスの登場がもっと起こってもいいかも。
電子書籍の直販なども、その一つかもしれない。

┃ テーマ:読んだ本。 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:57:17 ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ソーシャルメディアマーケター美咲 2年目

ソーシャルメディアマーケター美咲 2年目ソーシャルメディアマーケター美咲 2年目
(2012/03/16)
池田 紀行

商品詳細を見る
同じく、セットの本。
「一年目」が、ソーシャルメディアを使ったマーケの考え方。
「二年目」は、「炎上」の対処法や組織・KPIの作り方。
異動などで、新たにデジタルマーケの担当になった人には、分かりやすい。

おっと、あんまり褒めすぎると、「コンサル使わずに、この本でいいや」ってなったら困りますね。(笑)

┃ テーマ:マーケティング ━ ジャンル:ビジネス

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:21:26 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。