== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== コンサルタントの読書部屋 ==

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア
(2012/11/13)
入山 章栄

商品詳細を見る
アメリカのビジネススクールで教鞭をとる筆者が、広義の経営学の体系や論点を解説したもの。
コンサルティング会社で働いていたり、コンサルタントになることを目指す人は、確かにポーターやコトラーなど個別テーマごとにメジャーな本は読むと思う。
しかし、経営学には3体系のディシプリンがあるが、何か?と問われて即答できる人は少ないだろう。
従来型の経営学の枠に入ってなかったかもしれないが、認知心理学や社会学のアプローチも含めて、本書では解説しているので、考え方を整理して勉強するにはいい。
関連記事

┃ テーマ:経営コンサルタント ━ ジャンル:ビジネス

┗ Comment:0 ━ Trackback:1 ━ 08:12:34 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mattieho.blog.fc2.com/tb.php/116-506f0d9c
経営学を学問として昇華させることは幸せにつながるのだろうか??:世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア
世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア作者: 入山 章栄出版社/メーカー: 英治出版発売日: 2012/11/13メディア: 単行本(ソフトカバー) 経営学は学問といえるのだろうか? この疑問に経営学者が答えようとしたら、本書のような回答になるのだろう。
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。