FC2ブログ

== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== コンサルタントの読書部屋 ==

「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む!―中国に進出した外食企業は何をつかんだのか

「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む!―中国に進出した外食企業は何をつかんだのか「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む!―中国に進出した外食企業は何をつかんだのか
(2007/01)
河原 成美

商品詳細を見る
有名ラーメン店、博多一風堂の経営者が、中国にラーメン店を展開する際の苦労をつづった本。単なる外形的な経営インフラ分析や市場分析でなく、現場の苦労話が詰まっているため、飲食に限らず、中国関連ビジネスにかかわる人は必読と言える。
小麦粉を仕入れるにも、サンプルだけ高品質で、後からすぐに品質を落としたり、厨房機器を製作できると言われて発注しても、全く別物が来たり・・・と日本の常識では考えられない苦労が多数。また店員も、マニュアル通りにやらずに、すぐにサボって省略するのが当たり前、なのだそうだ。
ラーメンは日本人の感覚からは中国が「本場」と思っていたが、日本ほど職人技を求めたり、味を極めようという志向は全くないらしい。
そんな現地で、本格・技を極める方向と、チェーン化のためにマニュアル化・シンプル化する方向の両立を模索する上海に進出した日本の飲食店の姿がよくわかる。

関連記事

┃ テーマ:読んだ本。 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:01:35 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mattieho.blog.fc2.com/tb.php/187-57c67085
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。