== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== なんでもイシューツリー ==

ロボット掃除機の比較

●ルンバが壊れてしまった!
我が家で7−8年使い込んだルンバがいよいよ駄目になってしまった。ブラシは何度か取り替えたが、ついに回転ブラシのネジがどっかへ行ってしまった。また、バッテリーもさすがに寿命らしい。
最初はペットのようにかわいいルンバのために、修理を考えたが、2万円以上するらしい。
ネットでみると別の会社のロボット掃除機は、2−3万円で買えるみたいだ。そこで、ルンバにお別れを告げ、世代交代することにした。

●我が家の新メンバーを選ぶため、徹底比較することにした
ところが、ネットでググると、いっぱい出てきすぎて、何がどう違うのか分からなかった。
それぞれ自社製品の売りしか書いておらず、比較しようにも難しい。
ちょうど私は、会社でコンサルタント候補の面接時に「経営判断をするとき、メリット・デメリットを単に書き並べるのは、シロートのやり方だ。コンサルは、評価軸を揃えて評価するんだ」と「どや顔」で言い放ってきたところだった。
妻も困ってるし、私が選定することにした。

●評価方法は?
ネットを見つつマトリックスを書いて、評価していく。タテ軸に選択肢=候補の商品を、ヨコ軸に評価項目を並べて○×とコメントを書いていく。
最初は、どんな商品があるかも、各商品で何が違うのか分からないので、タテ・ヨコともに、ググりながら徐々に加えていく。
結局、評価軸として以下で比較した。
ーコスト(実売価格=今回は予算3万円以下のみ抽出+メンテコスト=バッテリーと消耗部品代がルンバのように高すぎないこと)
ー掃除性能(正直、使ってみないと分からないが、レビューコメント+掃除パターンとしてランダムやラセンなど様々なパターンがあること+ゴミセンサーがついていれば加点+部屋の広さの対応+付加機能として、水拭きや紫外線除菌)
ー手間ひま等(勝手にホームへ帰って自動充電できることをマストとした+センサーで落下防止があることーこれがないと一々バーチャルウオールを設定しないといけない。+充電時間/駆動時間ー使い勝手に大きく影響する+音の静かさ+ゴミ捨ての楽さ)
ーデザイン(これは妻の担当領域)

逆に評価しなかったのは、ルンバの時に結局使わなった、バーチャルウオール機能やリモコン(これで動かすぐらいならハンディ掃除機の方が早い)、自動予約(結局、荷物をどけたり、絡まらないようにコードを片付ける必要がある)

。。。ということで、予算3万円以下の10機種程度を比較した結果、マミーロボとASUSのE-Cleanが候補に残り、妻のデザイン判定を待つこととなった。

関連記事

┃ テーマ:経営コンサルタント ━ ジャンル:ビジネス

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:14:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mattieho.blog.fc2.com/tb.php/79-f18cd389
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。